カッターを建築現場で使われるプロ仕様にしたい!?DIYでも使えるオルファのハイパーAL型!

こんにちは。金物店店主のハマゾーです。DIYをされるお父様方の中には、DIYで使うツールは、使いやすさや価格が重要ではなく、見た目のかっこよさから入る人も数多くいらっしゃいます。かっこよく見せるためにでもあるし、自己満足のためだけの場合もありますが、建築現場で作業している大工さんや職人さんが多く使っている「プロ仕様のツールはどれ?」という探し方をされる人も数多くいらっしゃいます。

この気持ち、実は私もちょっと解ります。私の場合は、DIYツールだけではなく、趣味のサッカーのユニホームやスパイクであったり、スノボーのウエアであったりと見た目のかっこよさから入る事ばかりです 笑。みなさんもそんな一面ありませんか?見た目が良いと「自分はデキる男だ!」みたいなヘタクソな自分でもちょっとした自信がつくんですよね 笑!?

DIYでも大工さんや職人さんが使っているようなプロ仕様のツールを使うと「自分はDIYできる男だ!」というやる気や自信に繋がってきます。カッターに関しても、どのカッターを使うかによって「プロが使っているカッターと同じだ!」という気持ちと「なんだ!?このダサいカッターは?」という気持ちではやる気の差は歴然ですよね。

カッターは、結論から言ってしまうと大工さんや職人さんの間で数多く使われているカッターはオルファのハイパーAL型です。好まれている理由としては、他のカッターよりも単純に使いやすいからです。建築現場で行われる作業は、DIYで行う作業と基本的には変わらないと思いますのでオルファのハイパーAL型は、DIYにおいても使いやすくておすすめしたいカッターです。

そこで今回は、オルファのハイパーAL型について少し紹介させてもらおうかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カッターのおすすめはオルファのハイパーAL型

カッター 建築

オルファのハイパーAL型は、デザイン性がウケている事もありますが、なによりも使い勝手の良さがウケています。カッターの中で最もスタンダードで使いやすい大サイズのカッターになります。カッターの大サイズは、刃の幅が18㎜、刃の厚みが0.5㎜のタイプで紙から薄手のベニヤ板まで幅広い用途に対応できます。

ネジロック式ではなくオートロック式という点もカッターをロックさせるのに手間が掛からないと評判が良い点のひとつです。さらにオルファのハイパーAL型には、梱包・開梱作業や缶のフタ開けなどに便利なツメが付いています。カッター1丁でカッターとヘラの2つの役割をしてくれるのは非常にありがたい機能です。

*参考

オルファ カッター ハイパーAL型 193B

まとめ

カッターは、いろんなメーカーからいろんな種類のカッターが販売されていますが、カラフルなカッターやおしゃれなカッターなどは、デザイン性や見た目は良いかもしれませんが箔がつきにくいので、作業のデキる大工さんや職人さんほど馴染み深いデザインのカッターを使っている印象をうけます。

建築現場で最も多くの大工さんや職人さんが使っているカッターはどれですか?という質問があれば間違いなくオルファのハイパーAL型になると思いますので箔をつけたい方は是非参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする