釘が最後まで打てずに困ったら!?釘締めの使い方をご紹介!

こんにちは。金物店店主のハマゾーです。
DIYで釘を打つ時に狭い部分に釘を打ちたい、細い部分に釘を打ちたい、だけど最後まで釘が打てずに釘の頭が浮いてしまっている。
そんなお悩みありませんか!?

せっかく一生懸命に作った作品であっても一箇所でも釘が浮いている部分があると作品の完成度が急激に下がってしまいますよね。
金槌で釘を打つのが基本ですが、金槌だけでは全ての場所で釘を最後まで打つことって難しいんですよね。
そこで是非とも使って欲しいのが「釘締め」というツールです。

釘締めは、使い方もシンプルで慣れてしまえばそれほど難しいツールではありません。
そこで今回は、釘締めの使い方について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

釘締めの使い方

釘締め 使い方

釘締めには、いくつかの形が存在します。
上の画像のように両側が釘締めになっている釘締めを「二徳釘〆」と言います。
片方が釘締め、片方が釘抜きになっている釘締めを「三徳釘〆」と言います。
また一方だけが釘締めになっていてポンチのようなまっすぐな釘締めもあります。

仮に二徳釘〆の場合、通常の釘を締める作業の場合には、短い方で釘を締めます。
短い方では打てないような狭い部分などの場合には、長い方の釘締めを使います。
釘締めの先端部分を釘の頭に当てて先端の反対側を金槌で叩いて釘を締めていきます。

釘締めを使う時の注意点

初めて釘締めを使う人には多いのですが、金槌で釘締めを叩く時にしっかりと釘の頭に釘締めの先端が当たっていないという事があります。
金槌で叩くときの衝撃で釘の頭から釘締めが滑ってしまい機材を叩いてしまうということがよく出てきます。
最初は、慣れないかもしれませんが釘締めをしっかりと持って金槌で叩く時でも釘頭からズレないように注意してください。

また、釘締めの持ち方が悪いと金槌で叩いた時に釘締めの先端部分が支点になって反動で柄の部分が自分の手に衝撃を与えます。
一回くらいなら全然痛くないのですが、これを何回も繰り返していると結構な痛さが生まれます。(正直、私もへたくそなので、よく痛い思いをしています・・・。)

理想は、釘締めを手全体でぎゅっと握るのではなく、指で固定して、反動による手の痛さをかわせるのが理想的な持ち方になります。
釘と釘締めに対して垂直に金槌を打てれるかどうかが上達のためのひとつのポイントになるかと思います。

釘締めの他の使い方

釘締め 使い方

また釘締めは、狭い部分や細い部分に釘を打ちたい時に使う使い方以外でも使えます。

ひとつの方法としては、金槌だけで釘を最後まで打ち込んでしまうと金槌によって基材を傷つけてしまう恐れがあります。
どうしても基材の表面に傷を付けたくない時に釘をある程度まで金槌で打った後に釘を釘締めで最後まで打ち込むと基材を傷つけずに釘を打つ事ができます。

また、作品の完成度を上げるために釘を見せたくない時に釘を基材に埋め込むという方法もあります。
基材の種類にもよりますが、釘締めで釘を基材に沈めてしまい、釘頭の上からパテなどを塗って釘を隠してしまうという方法があります。

釘締めのおすすめランキング

釘締め おすすめ ランキング

第1位 ラクダ 二徳釘〆

ラクダ 二徳釘〆

量販的な釘締めの中でもちょっと高級な部類に入る釘締めですが、最も扱いやすく好まれて使われている釘締めです。
握り部分が樹脂製なので、滑りにくく、冬場でも冷たくありません。打撃時のショックも吸収してくれます。
また、樹脂部分は四角い形をしているので落としたりしても転がることがなく安全です。

SHIMIZU/清水製作所 【Rakuda/ラクダ】12008 二徳釘〆 10×150mm
*上記リンクは楽天リンクです

第2位 モクバ 二徳釘〆 160mm E-1

モクバ 二徳釘〆 160mm E-1

値段が非常に安く、どこの店舗でも比較的多く在庫している釘締めなので最もポピュラーな釘締めと言えます。
使い勝手はラクダの二徳釘〆に勝てませんが、安い釘締めで十分という方であればおすすめです。

★【メール便送料210円】モクバ 二徳釘〆 160mm E-1 釘打ち 釘しめ 狭い場所で活躍!(メール便)
*上記リンクは楽天リンクです

第3位 ふじ清 二徳釘〆

ふじ清 二徳釘〆

モクバの二徳釘〆と同じように値段が非常に安く、どこの店舗でも比較的多く在庫している釘締めなので最もポピュラーな釘締めと言えます。
使い勝手はラクダの二徳釘〆に勝てませんが、安い釘締めで十分という方であればおすすめです。

【☆★スーパーSALExポイントアップ!!ポイント2倍!◇◆】KONYO コンヨ ふじ清 二徳釘しめ #100 #11984 [A040217]
*上記リンクは楽天リンクです

釘打ちがどうしても苦手というあなたへ

釘打ち 苦手

そもそも釘締め以前に金槌で支えている手を打ってしまったり、釘締めが苦手など、釘打ちがどうにも苦手というあなたであれば便利なツールがあります。
それが、「釘打ち名人 ホビー釘しめ」です。
見た目はちょっと頼りなさそうですが、釘の各サイズに対応していて釘打ちが苦手という方に強い味方になってくれます。


引用元:You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=FamOGsbOuJ0

釘打ち名人 ホビー釘しめ 【 木工 木彫 木工具 釘打ちガイド 】
*上記リンクは楽天リンクです

まとめ

釘が浮いてる状態だったり、釘の周りに金槌で叩いた傷跡が残っていたりすると作品の完成度は一気に低下してしまいます。
そんな時に釘締めは、使い方を覚えればDIYにおいても非常に便利なツールになってくれます。
より完成度の高いDIY作品を創作していくためにご自身の愛用ツールのひとつとして釘締めも使ってみてください。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする