釘抜きの工具のおすすめはコイツ!?DIY初心者に使って欲しい釘抜きランキング!!

こんにちは。金物店店主のハマゾーです。一言で「釘抜き」や「バール」と言ってもいろんなサイズやいろんな形をした釘抜きが存在しています。基本的な釘抜きの選び方はご自身の作業上使いやすい形、使いやすいサイズを選んでもらうのがベストだと思います。今回は、DIY作業でおすすめしたい釘抜きの工具をご紹介していきたいと思います。

釘抜きの使い方に関しては、釘抜きの方法って!?DIY初心者でも簡単にできる釘の抜き方!!を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

釘抜きの工具ランキング

釘抜き 工具 ランキング

第1位 土牛 カラーSバール

土牛 カラーSバール

大工さん、職人さんも使っている一般的な小さいサイズのカラフルなバールです。使い勝手がよくDIYで使うであろうほとんどの釘のサイズがこれで抜くことができると思います。180や300あたりのサイズが人気です。

*参考
「セール中ポイント3倍」土牛 DOGYU Sバールシリーズ カラーSバール 180mm 01305

第2位 土牛 インテリア用バール

土牛 インテリア用バール

釘抜きとして、スクレーパーとして、テコとして、ハンマーとしてといろんな作業に使える手軽なバールです。平型とV型があり、V型はスクレーパー部分にスリットが入っています。200あたりのサイズが人気です。

*参考
土牛 インテリアバールV200 V型 200MM 1本

第3位 土牛 Sバール

土牛 Sバール

カラーSバールの色が黒色バージョンと思ってもらえれば良いかと思います。カラフルなのが逆にイヤだという人であればおすすめです。

*参考
土牛(DOGYU)Sバール 300mm

第4位 土牛 グリップライトSバール

土牛 グリップライトSバール

手に持つ部分にグリップが付いていて、手に響く振動や衝撃を軽減してくれます。250が人気の商品です。

*参考
「セール中ポイント3倍」土牛 DOGYU Sバールシリーズ グリップライトSバール 300mm 01912

第5位 モクバ かじや釘抜

モクバ かじや釘抜

特殊規格材料を使用し、独自の熱処理加工で高い耐久性を実現しています。釘抜きのヘッド部をハンマーでたたけば、手にひびくことなく、頭のとんだ釘や曲がった釘も簡単に抜けます。

*参考
モクバ かじや釘抜 200mm 009011

第6位 モクバ スリムバー

モクバ スリムバー

特殊規格材料を使用し、独自の熱処理加工で高い耐久性を実現しています。釘抜きのヘッド部をハンマーでたたけば、手にひびくことなく、頭のとんだ釘や曲がった釘も簡単に抜けます。尾部を薄く、幅広に設計されており、全体をスリムに仕上げ軽くしたことで作業性がアップされます。

*参考
スリムバー 210mm C11-21 モクバ印

第7位 モクバ 三徳釘〆

モクバ 三徳釘〆

釘〆、ハンマー、釘抜きと1丁で3種の作業に対応しています。耐久性にも優れています。

*参考
モクバ印 三徳釘〆 210mm (ブリスターパック入り)【E2-210】(ハンマー・刻印・ポンチ・バール)【ポイント10倍】

第8位 土牛 三徳釘〆

土牛 三徳釘〆

釘〆、ハンマー、釘抜きと1丁で3種の作業に対応しています。

*参考
土牛 三徳釘〆160 1個

第9位 バクマ ちょーかるバール

バクマ ちょーかるバール

DIYでは、ほぼ無いかもしれませんが、大掛かりなリフォーム、大きくて太めの釘を抜きたい時にはおすすめです。大きめのバールなのに非常に軽量で作業性に優れています。

*参考
バクマ/BAKUMA ちょーかるバール 500mm

まとめ

釘抜きの工具は、釘抜きとしてだけ使うものもあれば、バールや釘〆などと兼用で使える釘抜きなど様々な形やサイズの釘抜きが存在しています。ご自身の作業に合わせて最も使い勝手の良い釘抜きの工具を選んでもらえれば良いかと思いますが、くれぐれもサイズの違いなどにはご注意くださいね。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする