メジャー(スケール)のおすすめを厳選!DIYのおすすめ工具トップ10!!

こんにちは。金物店店主のハマゾーです。

建築現場でもDIYであっても木材などの寸法を計るための必須道具のひとつとしてメジャー(スケール)があります。メジャー(スケール)は、どこの家庭でも大抵ひとつくらいはある道具なのでみなさんにとっても親しみやすくイメージしやすい道具なのではないかと思います。しかし、一言でメジャー(スケール)と言っても「ひとつ」を選ぶ時には、ポイントとなる部分が数多くあり、適当に選んで買ってしまうと、すぐに壊れてしまったり、使いにくかったりしてしまいます。

メジャー(スケール)の選び方が悪いとメジャー(スケール)がすぐに壊れてしまいますし、メジャー(スケール)が使いにくいと作業効率が下がってしまいます。メジャー(スケール)だけに言える事でもありませんが、良い道具や工具を使わないと作業効率が下がってしまうだけでなく、楽しくDIYできなくなってしまいます。DIYを楽しんでいる人であればあるほどお金を掛けてでも良い道具、良い工具を使っています。では、さっそくメジャー(スケール)の選び方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メジャー(スケール)の選び方

メジャー(スケール) 選び方

建築現場で日々作業されている大工さんや職人さんは、メジャー(スケール)をほぼ毎日使用されるので自分の職種や作業に合わせて、かなりこだわってメジャー(スケール)を選んでいる印象があります。ただし、一度気に入ってしまえば新商品が出てきても選ばずに日頃から使っている、使いやすいメジャー(スケール)を使っています。

大工さん、職人さんにとってメジャー(スケール)が無いと作業が始まらないと言えるくらい重要な道具なので、壊れにくさや防水性、テープの折れにくさ、メジャー(スケール)のサイズ、テープの材質、長さ、腰袋に入れやすいかなどなど要望を言い出したらキリがないくらい細かくこだわっている印象をうけます。

大工さん、職人さんといった通称「プロ」と呼ばれる方々に「プロ向け」のメジャー(スケール)として人気があるのがタジマツールのスパコンです。ただし、タジマツールのスパコンはメジャー(スケール)の中でも高級品に分類されるので地域によっては、あまり売れない地域もあるそうです。

*参考
タジマツール Tajima スパコン25 5.5m メートル目盛 SP2555BL

今回は、あくまでDIYで使うのにおすすめなメジャー(スケール)のご紹介なので大工さんや職人さんといったプロの方々のような「こだわり」までは必要ないかと思っています。ただし、そこまでの「こだわり」が必要ないとは、言いましたがDIYで使うメジャー(スケール)でも3つのポイントは、しっかりと押さえて選んでもらいたいなと思います。

・テープ幅

メジャー(スケール)の寸法が記入されているテープ部分には、6㎜〜27㎜程度までの中で選ぶことになります。テープの幅が小さければメジャー(スケール)の本体の大きさを小さくすることができますが反面、テープを伸ばして計測している際にテープ幅が小さいと重力に負けてすぐに折れ曲がってしまいます。

逆にテープ幅が大きいと折れ曲がる頻度は減りますが反面、メジャー(スケール)の本体のサイズは大きくなってしまいます。プロである大工さんや職人さんがもっとも多く使われているテープ幅は25㎜や22㎜のサイズになります。DIYの場合であってもメジャー(スケール)のテープ幅が小さくて、すぐに折れ曲がってしまうようだと思い通りに寸法を計ることができませんし、作業効率があがりませんので、おすすめは22㎜以上の幅のメジャー(スケール)を選ぶことをおすすめします。

・壊れにくさ

メジャー(スケール)に限らず、壊れにくいというのは、選ぶ上で重要なポイントになります。どんなモノでも価格が安いのには安いなりの理由が存在していますし、価格が高いのには高いなりの理由が存在しています。しかしメジャー(スケール)の場合は、選び方をちょっと間違えてしまうと高くて良いメジャー(スケール)でもすぐに壊れてしまう恐れが出てきます。

ひとつ例を挙げますと、価格の高いメジャー(スケール)の中にはテープ部分をステンレスで作ってあるメジャー(スケール)があります。テープ部分をステンレスで作る最大の理由は、「錆に強い」という特徴になります。そのため、設備の職人さんや雨や水に関係のある職人さんが、比較的多く選ぶのですが、ステンレスは錆に強いというメリットを持つ反面、粘りがなく、折れて切れやすいというデメリットも存在しています。この特徴を理解せずに、単に価格が高いからという理由でステンレス製のメジャー(スケール)を購入して使っている時にテープ部分が車にひかれてテープがすぐに折れて切れてしまったという話しがよくあります。

メジャー(スケール)は、適材適所で作業に合った素材のメジャー(スケール)を選ぶ必要があります。DIYの場合は、まわりに作業の邪魔をされるような環境にもならないでしょうし、メジャー(スケール)が雨や水に濡れるような事も限りなく少ないかと思いますので、特に材質には、こだわる必要はなく、価格の高すぎないモノを選ぶのが良いかと思います。

・価格

これが最も重要な要素なのではないでしょうか。DIYでメジャー(スケール)を使う時には、大工さんや職人さんが使うようなハードな使い方をする事もないでしょうから、普通に使っていくのであれば、かなりの長期間使い続けることができるかと思います。なので価格の高いメジャー(スケール)を無理に買わなくても長く使っていくことができますので、テープの幅や壊れにくさを注意して最低限の出費に抑えるのがメジャー(スケール)のおすすめの買い方だと思います。

以上を踏まえて、DIYでおすすめのメジャー(スケール)ランキングを個人的に厳選してみました。ぜひ参考にしてみてください。

・追記

メジャー(スケール)には、目盛りの表示の仕方が2種類存在します。「メートル目盛り」と「尺目盛り」の2種類です。尺目盛りは主に大工さんが、尺寸法を測りたい時に使用するメジャー(スケール)になりますので、DIYで使われる方であればメートル目盛りを選んだほうが目盛りが見やすく扱いやすいのでこの点は注意してみてください。

メジャー(スケール)ランキングトップ10

第1位 プロマート メジャー MK2 ブルー MK2555-BL

プロマート メジャー MK2

テープ幅25㎜ テープ長さ5.5m 重量235g テープ素材 スチール

寸評 コストパフォーマンスに優れていて、テープ幅も25㎜、価格の割には壊れにいくいのでプロ向きではなく、DIYで使う分には十分すぎるメジャー(スケール)だと思います。売れ筋でおすすめです。

あえてJIS1級認可を取得しないことで、クオリティを保ったままに低価格を実現しました。

*参考
プロマート メジャー MK2 ブルー MK2555-BL

第2位 タジマ 剛厚セフGロック25 5.0m GASFGLM2550

タジマ 剛厚セフGロック25

テープ幅25㎜ テープ長さ5m 重量353g テープ素材 スチール

寸評 テープの厚みを厚くして折れ曲りにくくしてあり、作業性が非常に良いメジャー(スケール)です。本体も落とした衝撃で壊れないようにガッチリとカバーされている優れものです。ちょっと値段が高めなのがあえて言うならネックでしょうか。

*参考
タジマツール Tajima 剛厚セフGロック25-5.0m GASFGL2550

第3位 3mグラスファイバー絶縁メジャー EA720AC3

3mグラスファイバー絶縁メジャー

テープ幅19㎜ テープ長さ3m 重量353g テープ素材 FRPテープにウレタン樹脂をコート

寸評 ちょっと特殊なメジャー(スケール)ですが、感電の恐れがある場面でメジャー(スケール)を使用する時に使うと感電しないというのが、最大の売りです。こちらもちょっと価格が高いのがネックですが、需要のある方々には非常にウケているメジャー(スケール)です。

*参考
【キャンセル不可】[EA720AC-3] 3mグラスファイバー絶縁メジャー EA720AC3

第4位 TROIKA (トロイカ) 5m(16ft)用伸縮性 メジャー アキュレイト

トロイカ メジャー アキュレイト

テープ幅19㎜ テープ長さ5m 重量211g テープ素材 ステンレススティール

寸評 このメジャー(スケール)は、使い勝手は二の次でメジャー(スケール)のデザイン性を重視したメジャー(スケール)になります。他の人が使っているメジャー(スケール)よりもおしゃれに、ちょっと変わったメジャー(スケール)を使いたいという方にはおすすめです。

*参考
【送料無料!】 TROIKA (トロイカ) 5m(16ft)用伸縮性 メジャー アキュレイト

第5位 タジマ ロック25 7.5m <L25-75>

タジマ ロック25

テープ幅25㎜ テープ長さ7.5m 重量380g テープ素材 SK85

寸評 タジマツールから出ているメジャー(スケール)の中で最も一般的なメジャー(スケール)になります。一般的なメジャー(スケール)なので特徴らしい特徴も無いのですが、古くから販売されているので現在でも売れています。

*参考
【SS期間中ポイント2倍】 タジマ(TJM) ロック25 7.5m <L25-75> メートル目盛 L2575【コンベックス メジャー スケール convex 工具 通販 セール おすすめ ステンレス 限定 16200円以上 送料無料 計測 距離 剛厚 最安値挑戦 激安 通販 おすすめ 人気 価格 安い おしゃれ】

第6位 タジマ スケール コンベックス スパコン19×5.5m ロックタイプ

タジマ スパコン19

テープ幅19㎜ テープ長さ5.5m 重量287g テープ素材 ナイロンコートテープ

寸評 前述もしました大工さんや職人さんも数多く愛用しているタジマのスパコンです。大工さんや職人さんは、テープ幅22か25㎜が多いのですが、DIYで使用する上では、テープ幅は19㎜でも十分だと思います。錆や磨耗に強いので長く使用することができます。

*参考
タジマツール スケール コンベックス スパコン19×5.5m ロックタイプ

第7位 ムラテックKDS ProNextコンベックス 25㎜巾5.5m PX25-55SA

ムラテックKDS ProNextコンベックス 25㎜

テープ幅25㎜ テープ長さ5.5m 重量290g テープ素材 シリカコーティングテープ

寸評 ムラテックKDSから販売されている低価格のメジャー(スケール)です。目盛が擦り減りにくいシリカコーティングテープを採用しているのが特徴です。

*参考
MURATEC-KDS/ムラテックKDS ProNextコンベックス 25mm巾5.5m PX25-55SA

第8位 シンワ測定 コンベックス スマートギア 25-5.5m 80882

シンワ測定 コンベックス スマートギア

テープ幅25㎜ テープ長さ5.5m 重量275g テープ素材 スチール

寸評 シンワ測定から販売されている低価格のメジャー(スケール)です。低価格さを特に重視するという方にはおすすめです。

*参考
シンワ コンベックス スマートギア 5.5m 25mm幅 80882

第9位 シンワ測定 コンベックス タフギアセルフストップ 25-5.5m 80815

シンワ測定 コンベックス タフギアセルフストップ

テープ幅25㎜ テープ長さ5.5m 重量315g テープ素材 ナイロンコートテープ

寸評 シンワ測定から販売されている低価格なんだけど耐久性もアップしていますというメジャー(スケール)です。通常のメジャー(スケール)に比べれば耐久性はアップしているのかもしれませんが、タジマのスパコンと比較すると、やはり価格相応の耐久性といった印象をうけます。

*参考
シンワ測定 コンベックス タフギアセルフストップ 25-5.5m 80815

第10位 タジマ コンベックス ハイ-25 スチールテープ 長さ3.5m両面目盛 H25-35BL

タジマ コンベックス ハイ-25

テープ幅25㎜ テープ長さ3.5m 重量200g テープ素材 SK85

寸評 タジマツールのメジャー(スケール)の中でロックが付いてない一般的なタイプのメジャー(スケール)です。長さも3.5mしかなく一般の方向けのメジャー(スケール)と言えます。

*参考
タジマ コンベックス ハイ-25 スチールテープ 長さ3.5m メートル目盛 両面目盛 H25-35BL

メジャー(スケール)のおすすめランキングと合わせて、おしゃれなメジャー(スケール)のおすすめランキングを参考にしたい方はメジャー(スケール)はおしゃれに決めたい!?DIYのおすすめ工具トップ7!を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、DIYで使ってもらう前提でメジャー(スケール)を厳選してみました。価格などにこだわらずできるだけ良いメジャー(スケール)を探したいというのであれば、また違ったランキングになってくるかと思います。どのメジャー(スケール)が自分の作業に合っているか、どのメジャー(スケール)が自分の好みかという最終的な判断は、メジャー(スケール)の価格と最低限必要な機能や性能、長さなどをトータル的に考慮して実際に使ってみるのが一番良いと思います。

今回のランキングもぜひ参考にして頂いて、自分に最も適したメジャー(スケール)を見つけて継続的に使ってもらえれば良いかと思います。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする