ジグソーブレードのおすすめは!?選ぶ替刃で切断能力が変わる!

こんにちは。金物店店主のハマゾーです。丸ノコやジグソーなどの「切断」を目的とする工具は、丸ノコやジグソー本体の性能が切断能力に大きな影響を与えますが、実は本体以上に切断能力に影響するのは替刃と呼ばれる刃の能力が大きく影響してきます。特にジグソーの替刃(ジグソーブレード)は、どこのメーカーのジグソーブレードを使用するかで切断能力や作業性が変わってきます。

でも、ジグソーの替刃は、メーカーの違いや種類、規格もかなりの数がありどれが一番よく切れるジグソーブレードかって使ったことがある人じゃないとわからないんですよね。ジグソーの替刃も刃物に括られますが、刃物の切れ味や使い勝手って実際に自分で使ってみないとわかりません。

なのでネットのレビューを参考にすると思うんですが、私もレビューは常日頃から参考にしたいと思っているのですが、あまり参考になるレビューがないんですよね。建築やDIYに関係するツールのレビューって本当に少ないです。仮にあったとしてもお店に対するレビューだったり(笑)、梱包についてだったりしてあまり参考にならないんですよね。

だったらホームセンターで売られているジグソーブレードを直接見て参考にして買おうと思ってもホームセンターで売られているジグソーブレード自体が限られたものしか陳列されていないので、「どのメーカーのジグソーブレードがベストなのか?」っていう真相は分からないままになると思います。

私の中の結論から言ってしまうと、私が建築現場で作業する職人さんに限らず、DIY目的で購入される方に対してもおすすめしているジグソーの替刃はBOSCH(ボッシュ)のジグソーブレードをおすすめしています。ボッシュのジグソーブレードをおすすめしている理由は、他のメーカーのジグソーの替刃よりも切断能力に優れていて世界で一番使われているジグソーのトップメーカーという信頼を持ているからです。

建築現場でジグソーをよく使用するサイディング職人さんもジグソーに関しては人によって使っているメーカーは別々ですが、ジグソーの替刃に関しては、「ボッシュ以外の替刃だと切れない」という理由で、圧倒的にボッシュのジグソーブレードが使われています。そこで今回は、ボッシュのジグソーブレードを中心にジグソーの替刃についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジグソーブレードとは?

ジグソーブレードとは

ジグソーブレードとは、ジグソーという木材や金属などを直線的や曲線的にカットするための工具に取り付ける刃の事です。ジグソーのグリップ部分に付いているスイッチを握るとジグソーブレードが素早く上下運動をします。この上下運動を利用して木材や金属などの資材を自由にカットしていきます。ジグソーパズルの「ジグソー」という言葉は、今紹介したジグソーという工具から名前が来ていると言われています。

ジグソーブレードの種類

ジグソーブレード 種類

ジグソーブレードは、主に4種類に分けられます。木材を主にカットする木工用のジグソーブレード、金属などを主にカットする金工用ジグソーブレード、プラスチックを主にカットするプラスチック用ジグソーブレード、特殊材料をカットする特殊材料用ジグソーブレードの4種類になります。この大きく分けて4種類あるジグソーブレードの中でもサイズや刃の山の数、ジグソーブレードの特長など様々な規格があります。

ジグソーの替刃のBタイプブレードと穴が空いているブレード

ジグソーブレード Bタイプ

ジグソー本体に取り付けるジグソーブレードの根本部分の形状は2種類存在します。ジグソーブレードの根本に六角ボルトを通すための穴が空いているのが昔からあるジグソーブレードです。このタイプは、六角レンチでブレードを固定しているボルトを緩めてブレードを交換してボルトを締めるという作業を要します。

しかし、最近ではジグソーブレードの交換に工具を必要としないワンタッチで交換できるジグソーが主流になってきているのでジグソーブレードも従来の穴が空いているものではないブレードが主流になってきています。このジグソーの替刃は主に「Bタイプ」と言われていてBタイプのBはBOSCH(ボッシュ)の頭文字のBと言われています。

ジグソーブレードの互換性は?

ジグソーブレードのBタイプに関しては、ボッシュ以外のメーカーもボッシュの規格に合わせているので互換性は大丈夫です。Bタイプという表記がされているのであれば、どのメーカーであってもちゃんと合います。

ジグソーブレードの主なメーカーは?

ジグソーブレード メーカー

日本でジグソーを製造している主なメーカーは、ボッシュ、マキタ、日立、リョービの4社になります。ジグソーブレードを多く扱っているメーカーもこの4社に新興製作所を加えた5社になります。

ジグソーブレードの規格

ジグソーブレード 規格

ジグソーブレードの規格は、ここでは掲載仕切れないほどの数が存在しています。どんな規格のジグソーブレードがあるかを知りたい方は、BOSCH(ボッシュ電動工具)ホームページアクセサリーページのジグソーブレードを参考にしてみてください。

各ジグソーブレードに特長がはっきりとしていますので、あとはご自身の作業内容に合わせて売れ筋のジグソーブレードを選んで使えば良いと思います。

ジグソーブレードのスーパーロング

ジグソーですごく厚い木材をカットしたい時には、日立から販売されている「スーパーロング」というジグソーブレードがおすすめです。全長185㎜のジグソーブレードは、他のメーカーのジグソーブレードでは、なかなかありません。

*参考
【あす楽対応】日立工機 [00321878] 日立 ジグソーブレードNO.1スーパーロング 185L 6山 3枚入り【5400円以上送料無料】

ジグソーブレードの曲線と直線

ジグソーブレードは、他の刃物と違って「切断タイプ」が設定されています。直線的にカットするのに適したジグソーブレードか曲線的にカットするのに適したジグソーブレードかに分かれています。

*参考
ボッシュ ジグソーブレード 木工用 3本入り (T-308B/3)

まとめ

ジグソーブレードは、本当にもの凄い種類があるので良い意味では自分の作業内容に合わせたジグソーブレードを選択できますし、悪い意味ではジグソーブレードをちゃんと理解していないと正しくジグソーブレードを選べないと思います。ボッシュのジグソーブレードは、ホームセンターなどの実際の店舗では陳列されていないケースがかなり多いのでネット上から数少ないレビューを参考にしながらご自身の作業に合ったジグソーブレードを選んでみてください。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする