ノコギリのヤニ取りと言えばコレ!金物店店主がおすすめするランキングトップ3!!

こんにちは。いつもタバコを吸った後はヤニ臭いと嫁さんに煙たがれている金物店店主のハマゾーです 笑。今回は、タバコのヤニではなく、ノコギリに付くヤニのお話です。製材されている木材であればつきませんが、製材されていない木材や庭木などをノコギリで切るとヤニ(樹液の固まり)がつくことがあります。

ヤニは、ノコギリにこびり付いている木くず同様に、そのままにして放置しておくと錆びの原因になります。ノコギリが錆びてしまうと本来の切れ味は無くなってしまいます。保管する前にはヤニ取りでヤニを取るのがベストです。水拭きでもノコギリに付いているヤニは、ある程度は取れますが、ノコギリを長期間使うことを考えればヤニ取りを使ってヤニを取る方が長持ちしてくれます。

また、ノコギリ用のヤニ取りは、ノコギリやハサミなどの刃物のクリーナーとしての側面も持ち合わせているケースが多く、ヤニ取りでノコギリをクリーニングすれば、ノコギリの切れ味は、また復活してくれます。ただし、長期間放置していたヤニをヤニ取りで取ろうと思っても取れないケースも多々ありますので注意が必要です。

ノコギリ用のヤニ取りですが、種類も少なくホームセンターや金物店に置いていないケースも結構あります。ノコギリが切れなくなったら替刃を買えば良いでしょ!?という側面もありますし、なによりも需要がある程度限られているという面があります。そこで今回は、金物店店主としておすすめしたいノコギリ用のヤニ取りをいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1位 シルキー ヤニクリーン

シルキー ヤニクリーン

ノコギリメーカーが出しているヤニ取りです。スプレーをよく振ってから噴射すると泡状になってのこぎりを包んでくれます。泡の状態でそのまましばらく放置した後に泡をふき取るとヤニをキレイに取ってくれます。液体系のヤニ取りとは違いノコギリに泡状になって残ってくれるので拭き取るのに苦労しません。ヤニ取りスプレーの代表的な商品です。

インターネット上のレビュー

剪定バサミにどうしても木のヤニがついてしまい、洗っても取れないので切れ味が悪くなっていました。
これ吹いて少し置いたらヤニが浮いてきます。
頑固なヤニには何回か繰り返しますと、たいていのものは綺麗に取れ、ハサミもスムースに動くようになり、切れ味も良くなりました。
こんなものがあったんだ~、知らなかった、もっと早く買いたかった!

液体タイプだと塗り広げの時に刃先で指を切る心配があるのですがそういう怖さがありません。
泡で出るので目立てのところにも行き渡りやすいです。
チェインソーの手入れが大変そうで仕舞いっぱなしにしていましたが、この商品を手に入れたので、また活躍してもらおうと思います

家庭菜園で使用した枝切ハサミや剪定ハサミなどに付着したヤニの除去用。
◆ホームセンターに売っている物は同じスプレータイプながらも、液状のため刃先に吹き付けるとすぐタレて落ちてしまう。
◆本品は瞬間的に細かな泡が刃先全体を包むと同時に、泡粒が少しづつ消えながら泡に色が茶色や緑が混じるようになる(ヤニの溶けた色)
◆10分くらい放置してウエスでふき取ると綺麗にやにが落ちて刃先が輝いている。 (念のため防錆スプレーにて仕上げ)
本品、その効果から見れば価格的に高い効果はあると思います。
引用元:Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%83%A4%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-300/dp/B003N6P95E

*参考
ヤニクリーン 300 剪定鋏 お手入れ はさみ ハサミ 園芸 ヤニ取り ノコギリ 園芸用品

第2位 アルス 刃物クリーナー

アルス 刃物クリーナー

ノコギリや園芸用ハサミなどの刃物で有名なアルスから出ているヤニ取り洗浄スプレーです。シルキーのヤニクリーン同様に人気のあるスプレーです。

インターネット上のレビュー

渋やヤニがよく落ち切れ味復活します。
剪定ハサミや鋸、シェーバーの刃などに使っております。
値段の変動が激しいです。
800-1500と日毎に値段が違うので買う際はお気をつけて

樹木によって 松などでヤニが多いきを 剪定すると剪定ハサミなどで手入れが大変ですが 黒々とこれをつかうと よくとれます。
取ったあとは油をつけて保管しておけば 再び使う時は切れ味がおちません。

アルス製品は高切り枝ばさみが使いやすく、耐久性があったので、今回も試してみました。剪定した後のヤニが良く落ちました。

ただ、岡恒の剪定ばさみに使ったところ、刃先が黒く変色するところが出てしまい、ピカール液(錆落とし)で磨き、元の色(銀)に戻りましたが、結構、時間がかかりました。アルスの高切り枝ばさみは綺麗に落ち、変色もしなかったので、材質によるようです。
引用元:Amazon
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-845711-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B9-%E5%88%83%E7%89%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-GO-3/dp/B001308IOQ

*参考
アルス 刃物クリーナー 320ml (GO-3) アルス 園芸用鋏部品 ARS

第3位 AZ ヤニ取りクリーナー

AZ ヤニ取りクリーナー

各種クリーナーを取り揃えてあることで有名なAZのヤニ取りクリーナーです。使った感じではシルキーやアルスのヤニ取りに比べて劣るような評価が多いように感じますが、ヤニ取りのクリーナーとしては十分に活躍してくれます。

インターネット上のレビュー

剪定ばさみと一緒に買いました。既にもっている剪定ばさみの刃が
樹木ヤニで茶色くなっていましたが、水でも落ちないので諦めていました。
ヤニ取りクリーナーをシュッとすると、あっという間に刃先がピカピカに
なりました。刃先が汚れていると、剪定のときにくい付きが悪くなること
もあります。使い終わったら必ず使いたい商品です。

剪定鋏、刈込鋏、ヘッジトリマー、チップソー、立作業用下刈鋏等々いつのまにか黒っぽいヤニがこびり付いていました。ブレーキクリーナーを噴射して拭いても擦ってもなかなか落ちませんでした。こういうクリーナーがある事が分かり早速購入。刃を水平にして泡を噴射、3分ほど置いといて水で流しウエスで拭いたらヤニがきれいに落ちました。このままだと錆びるといけませんのでワ△ーズのラスペネ(水置換性)を噴いて完了です。500mlもあるので使いでがありませす。もう手放せません。

クリーナー液は泡状になって噴射されますので、液だれし難いと思います。剪定バサミや電動の小枝トリマーに使っています。クリーナーを噴霧した後、数分刃の部分に馴染ませるようにすれば、より効果的です。細かい部分は使用済みの歯ブラシを使っています。長年に渡りこびりついた汚れ落しには、ちょっと無理のようです。道具を使用した後にクリーニングをするように心がけることが肝要です。
引用元:Amazon
https://www.amazon.co.jp/A1-004-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E5%88%83%E7%89%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E5%9C%92%E8%8A%B8%E5%88%83%E7%89%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E5%88%83%E7%89%A9%E3%81%8A%E6%89%8B%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC/dp/B00XVNIEYM

*参考
【送料無料】AZ 水溶性ヤニトリクリーナー500mll [刃物クリーナー・ヤニトリスプレー・ヤニ取りクリーナー・ヤニ取り防止・ヤニ取り洗剤]

まとめ

インターネット上では、ノコギリ用のヤニ取りクリーナーは値段が高いので、お湯やお茶に浸しておくと落ちるとか、灯油で落ちる、カビキラーで落ちるといった検証を行なっている人もいますが、ノコギリ用のヤニ取りは、お値段的には1000円前後なので、ノコギリを長持ちさせようというのであれば純正のクリーナーを使った方が良いと思っています。

当然、何を使ってヤニを取るかは人それぞれの価値観になりますが、苦労せずにノコギリに付いたヤニを取れるのであれば1000円くらいの出費は安いのではないかと私は思っています。ノコギリを使った後のメンテナンスをしっかりと行なってノコギリを長く使うことの方が出費を抑えることができるかと思いますので、今回紹介させてもらったヤニ取りクリーナーは、是非参考にしてみてくださいね。

追記 油を塗らないとヤニ取りクリーナーがノコギリの油分まで取ってしまうのでヤニ取りクリーナーを使ってキレイになった後は油を塗ることを忘れないでくださいね。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする