コンベックスのおすすめ厳選16選!DIY作業をおしゃれに決めよう!!

こんにちは。金物店店主のハマゾーです。
モノのサイズを測る道具として最初に頭にイメージするのがコンベックス(スケール)ではないでしょうか!?
みなさんは、コンベックスの選ぶ基準って何で判断していますか!?

価格ですか!?
デザインですか!?

私がいつもコンベックスでおすすめしている点は「壊れにくさ」と「使いやすさ」です。

壊れにくさに関しては、当たり前の話ですが、長期間壊れずに使うことができるのであれば、それだけで無駄なコストを掛ける必要がなくなりますよね!?
また、コンベックスに使いやすさを追求してもどれも同じでしょ!?と思われるかもしれませんが、細かい当たり前の機能が付いているか付いていないかで長さを測る作業時間は格段に変わってきます。

そこで今回は、コンベックスの選び方も含めて個人的におすすめしたいコンベックスをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

コンベックスとは!?

コンベックスとは

コンベックスとは、手のひらサイズの巻尺です。
英語の”Convex”は「凸面」を意味するため、コンベックスは英語では”Steel Tape”、あるいは”Tape Rule”と呼ばれています。
モノを計測する部分は、薄い金属製で断面が湾曲したテープが用いられています。

テープは、巻き取ることができる柔軟性と同時に直立性の両方を求められます。
日本で市販されているコンベックスにはメートル単位のみの「メートル目盛り」と建築現場での利便性から1寸に相当する1/33メートル刻みの目盛が併記された「尺目盛り」の大きく分けて2種類販売されています。

一般的なコンベックスの場合、テープ先端に付いている引っ掛けるツメは、目盛り方向にスライドする構造になっています。
ツメがスライドする量はツメの厚み分で、ツメを押し付けて測定する場合とツメを引っ掛けて測定する場合とで、ツメの厚み分が計測に影響を及ぼさないようにした構造になっています。

コンベックスの巻き取り部分にはテープをゼンマイバネで巻き取る機構が組み込まれています。
また、テープが出た状態を保持するためのロック機構付のコンベックスもあります。

コンベックスの選び方

コンベックス 選び方

コンベックスの有名なメーカー

日本で販売されているコンベックスの有名なメーカーとしてTJMデザイン(タジマ)、ムラテックKDS(KDS)、シンワ測定(シンワ)などがあります。
特にTJMデザイン(タジマ)に関しては、ホームセンターや金物店など全国の販売店で数多く陳列されており、大工さんや職人さんといった建築現場で作業しているプロの方たちが愛用されていることが多いメーカーと言えます。

コンベックスのテープの幅の選び方

コンベックス テープ幅

コンベックス選びで最も重要なポイントのひとつがテープの幅です。
一般的なテープ幅として6mm・10mm・13mm・16mm・19mm・22mm・25mm・27mmなどに分かれています。
最もポピュラーなテープ幅は19㎜・22㎜あたりかと思います。
建築現場で作業される大工さんや職人さんであれば25㎜が多く使われています。

25㎜などの幅が広いテープであれば長い距離を測る時でもテープが折れることなく水平や垂直を保ってくれます。
逆にデメリットとしては、コンベックス本体が大きくなったり、重量が重たくなる、ケースなどに収納しにくくなるという点が挙げられます。
テープ幅の狭いコンベックスであれば、メリットとデメリットが全くの逆になります。

そのため、ご自身がDIYする時にどれだけの長い距離を測る必要が出てくるのかという日常の作業性によってテープ幅を選んで頂く必要があります。

コンベックスのテープの長さの選び方

コンベックス テープ 長さ

コンベックスのテープの長さは、1m・2m・3.5m・5m・5.5m・7.5m・10mなどに分かれています。
コンベックスで最も多い長さは5.5mだと思います。
DIYで作業する場合でも2m〜5m程度までのものが使いやすくておすすめです。

コンベックスのテープの目盛りの選び方

コンベックス 目盛り

コンベックスとは!?でも触れましたが、コンベックスのテープの目盛りには「メートル目盛り」と「尺目盛り」の2種類が存在します。
DIYで使うことを考えれば、あまり深く考えずにメートル目盛りを選択するのが良いと思います。

コンベックスのテープの材質について

コンベックス テープ 材質

コンベックスのテープの材質は、コンベックスによって違います。
コストパフォーマンスに優れた一般的なスチール製のテープ。
雨などの環境で使ってもサビにくいステンレス製のテープはサビにくいのがメリットですが、ステンレスならではの折れやすい、テープがちぎれやすいといったデメリットもあります。

サビにくく、折れにくい両方を兼ね備えたナイロンコート製のテープはコストが高めといったデメリットがあります。
コンベックスを使う用途や環境に合わせてテープの材質を選んでみてください。

コンベックスのロックの有無

・コンベックス本体からテープを出してそのまま自動でロックしてくれるオートロックタイプ。
・コンベックス本体からテープを出してボタンなどを押して自分で固定するロック機構があるタイプ。
・ロックボタンが付いていないタイプ。

大きく分けて以上の3種類があります。
ご自身が使う時に使いやすいと思うロックタイプを選んでみてください。

コンベックスの本体の選び方

コンベックス 本体 選び方

最近では、コンベックスの本体に落下した時の衝撃を和らげて破損をするのを防止するダンパーが付いたものなどがあります。
衝撃を和らげる役割と同時に手にコンベックスを持った時のグリップ感も向上してくれます。
ただし、デメリットとしてはコンベックス本体がスリムではなくなるので腰袋やコンベックスのケースに入れて使う時には取り出し難くなったりする場合があります。

コンベックスのおすすめランキングトップ8

コンベックス おすすめ

ここからは大工さん、職人さん達も愛用していてDIYでも使いやすいコンベックスをランキング形式で紹介していきます。
みなさんがコンベックスを実際に選ぶ時の参考にして頂ければと思います。

第1位 プロマート メジャー MK2 ブルー MK2555-BL

プロマート メジャー MK2

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量235g
テープ素材 スチール

コストパフォーマンスに優れていてテープ幅も25㎜で折れにくく、価格の割には壊れにいくいのでプロの大工さんや職人さんに限らず、DIYで作業する上でも十分すぎるコンベックスと言えます。

あえてJIS1級認可を取得しないことで、クオリティを保ったままに低価格を実現しました。

*参考
プロマート メジャー MK2 ブルー MK2555-BL

第2位 タジマ 剛厚セフGロック25 5.0m GASFGLM2550

タジマ 剛厚セフGロック25

テープ幅25㎜
テープ長さ5m
重量353g
テープ素材 スチール

テープの厚みを厚くして折れ曲りにくくしてあり、作業性が非常に良いコンベックスです。
本体も落とした衝撃で壊れないようにガッチリとカバーされている優れものです。
ちょっと値段が高めなのがあえて言うならネックでしょうか。

*参考
タジマツール Tajima 剛厚セフGロック25-5.0m GASFGL2550

第3位 3mグラスファイバー絶縁メジャー EA720AC3

3mグラスファイバー絶縁メジャー

テープ幅19㎜
テープ長さ3m
重量353g
テープ素材 FRPテープにウレタン樹脂をコート

ちょっと特殊なコンベックスですが、感電の恐れがある場面で3mグラスファイバー絶縁メジャー EA720AC3を使用すると感電しないというのが最大の売りです。
こちらもちょっと価格が高いのがネックですが、需要のある方々には非常にウケているコンベックスです。

*参考
【キャンセル不可】[EA720AC-3] 3mグラスファイバー絶縁メジャー EA720AC3

第4位 タジマ ロック25 7.5m <L25-75>

タジマ ロック25

テープ幅25㎜
テープ長さ7.5m
重量380g
テープ素材 SK85

タジマツールから販売されているコンベックスの中で最も一般的なコンベックスになります。
一般的なコンベックスなので特徴らしい特徴も無いのですが、古くから販売されているので現在でも売れています。

*参考
タジマ(TJM) ロック25 7.5m <L25-75> メートル目盛 L2575

第5位 ムラテックKDS ProNextコンベックス 25㎜巾5.5m PX25-55SA

ムラテックKDS ProNextコンベックス 25㎜

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量290g
テープ素材 シリカコーティングテープ

ムラテックKDSから販売されている低価格のコンベックスです。
目盛が擦り減りにくいシリカコーティングテープを採用しているのが特徴です。

*参考
MURATEC-KDS/ムラテックKDS ProNextコンベックス 25mm巾5.5m PX25-55SA

第6位 シンワ測定 コンベックス スマートギア 25-5.5m 80882

シンワ測定 コンベックス スマートギア

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量275g
テープ素材 スチール

シンワ測定から販売されている低価格のコンベックスです。
低価格さを特に重視するという方にはおすすめです。

*参考
シンワ コンベックス スマートギア 5.5m 25mm幅 80882

第7位 シンワ測定 コンベックス タフギアセルフストップ 25-5.5m 80815

シンワ測定 コンベックス タフギアセルフストップ

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量315g
テープ素材 ナイロンコートテープ

シンワ測定から販売されている低価格なんだけど耐久性もアップしていますというコンベックスです。
通常のコンベックスに比べれば耐久性はアップしているのかもしれませんが、タジマのスパコンと比較すると、やはり価格相応の耐久性といった印象をうけます。

*参考
シンワ測定 コンベックス タフギアセルフストップ 25-5.5m 80815

第8位 タジマ コンベックス ハイ-25 スチールテープ 長さ3.5m両面目盛 H25-35BL

タジマ コンベックス ハイ-25

テープ幅25㎜
テープ長さ3.5m
重量200g
テープ素材 SK85

タジマツールのコンベックスの中でロックが付いてない一般的なタイプのコンベックスです。
長さも3.5mしかなく一般の方向けのコンベックスと言えます。

*参考
タジマ コンベックス ハイ-25 スチールテープ 長さ3.5m メートル目盛 両面目盛 H25-35BL

おしゃれなコンベックスランキングトップ5

コンベックス おしゃれ

ここからは、一般的に使われているコンベックスとは「ちょっと違う」デザイン性重視のおしゃれなコンベックスをご紹介したいと思います。
DIYで使う工具はどれもおしゃれにキメたいという方は必見です。

第1位 TROIKA (トロイカ) 5m(16ft)用伸縮性 メジャー アキュレイト

トロイカ メジャー アキュレイト

テープ幅19㎜
テープ長さ5m
重量211g
テープ素材 ステンレススティール

このコンベックスは、使い勝手は二の次でデザイン性を重視したコンベックスになります。
他の人が使っているコンベックスよりもおしゃれに、ちょっと変わったコンベックスを使いたいという方にはおすすめです。

トロイカは、洗練されたメタル製ギフトウェアのメーカーとして1972年にイングランドで設立され、伝統的な英国スタイルを踏襲したオリジナルデザインのハイエンドメンズギフトの生産を始めた企業です。
ドイツに拠点を移した後は、よりモダンなデザインのギフトアイテムにシフトしてきています。

*参考
【送料無料!】 TROIKA (トロイカ) 5m(16ft)用伸縮性 メジャー アキュレイト 【TAP14/ST ACCURATE ドイツデザイン雑貨】 【RCP】

第2位 タジマツール KREIS 3 (クライス)

タジマ クライス3

テープ幅13㎜
テープ長さ3m
重量115g
テープ素材 SK85

首からぶら下げたり、胸ポケットに入れておいたり、瞬時にちょっと使いたい場面が多くある時に便利なコンパクトでおしゃれなコンベックスです。
コンパクトなコンベックスなのでテープの長さや幅はちょっと心許ないですが、身の回りに持っておけるという点では便利なコンベックスです。

*参考
TJMデザイン タジマ メジャー KREIS クライス3 KR-30WBR [A030318]

第3位 プロマート iicolle(イイコレ) 2m

プロマート iicolle(イイコレ)

テープ幅6㎜
テープ長さ2m
重量32g
テープ素材 スチール製

実用性では、細かい材料の寸法を測る程度にしか使えませんが、かわいらしいデザインのコンベックスです。
ピンクとブラックの設定がありますが、ピンクの方が人気があるみたいです。
女子がピンクを選ぶだけではなく、最近ではピンク好きな男子も数多くいるのもピンクが人気な要因なのではないでしょうか。

*参考
プロマート iicolle(イイコレ) ピンク 2m

第4位 タジマツール Σストップ25 (シグマストップ)

タジマ シグマストップ

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量360g
テープ素材 SK85

多くの人が使っているコンベックスとは、ちょっとデザイン性を変えてあるコンベックスです。
タジマツール独自の剛厚テープを採用しているので長い距離を測ることができ実用性にも優れています。

*参考
タジマ[tajima] 剛厚シグマストップ 5.5m メートル目盛 SS2555

第5位 タジマツール ロックプラス25

タジマ ロックプラス

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量290g
テープ素材 SK85

焼き入れ加工した爪やステンレスバネを採用してあるなど、錆びにくさや強度などにこだわったコンベックスです。
デザインもシンプルにされていて人気のあるコンベックスです。

*参考
タジマツール Tajima ロックプラス-25 5.5M ブリスター LP25-55BL

最高級コンベックスランキングトップ3

コンベックス 最高級

コンベックスに限らず、どんなモノでも使うのであれば最高級なモノを使いたいという方も数多くいらっしゃるかと思います。
ここでは機能、価格ともに最高級なコンベックスを求めておられる方必見です。。

第1位 タジマツール アルミニストロック25

タジマ アルミニストロック

テープ幅25㎜
テープ長さ5.5m
重量370g
テープ素材 SK85

本体をアルミダイカストで作ってある高級コンベックスです。

*参考
タジマツール Tajima アルミニストロック25 5.5m (メートル目盛) ガン/クロ ALL25-55GAC

第2位 タジマ スケール コンベックス スパコン19×5.5m ロックタイプ

タジマ スパコン19

テープ幅19㎜
テープ長さ5.5m
重量287g
テープ素材 ナイロンコートテープ

大工さんや職人さんも数多く愛用しているタジマのスパコンです。
大工さんや職人さんは、テープ幅22か25㎜が多いのですが、DIYで使用する上では、テープ幅は19㎜でも十分だと思います。
錆や磨耗に強いので長く使用することができるコンベックスの中では高級品の部類に入るコンベックスです。

*参考
タジマツール スケール コンベックス スパコン19×5.5m ロックタイプ

第3位 タジマツール 剛厚スパコン25

タジマ 剛厚スパコン

テープ幅25㎜
テープ長さ5m
重量329g
テープ素材 SK85

耐候性に優れ大工さんや職人さんからも根強い人気を誇るスパコンを剛厚テープにして更に使いやすく、強力にしたコンベックスです。

*参考
タジマツール Tajima 剛厚スパコン25 5.0m GASP2550

コンベックスのおすすめケースランキングトップ3

コンベックス ケース

自分のお気に入りのコンベックスを選んだら、コンベックス用のケースも欲しくなりますよね。
スマートフォンを購入したらまず最初にスマートフォンを入れるケースを購入しようと思いますよね。

こちらでは、コンベックスのケースをいくつかピックアップさせてもらいます。

第1位 HOTTA コンベックスケース RAV2-21

HOTTA コンベックスケース RAV2-21

カラビナ付がいいコンベックスケースです。
シルバーラインを織り込んだ良質光沢生地で、安全性、軽量性、堅牢性に優れています。

*参考
HOTTA コンベックスケース (RAV2-21)

第2位 マキタ メジャーホルダー A-53752

マキタ メジャーホルダー A-53752

電動工具メーカーのマキタから販売されているコンベックスを入れる専用のホルダーになります。
ケースと違って腰ベルトなどに取り付けて使うホルダーです。
その場で「今使いたい」といった時に腰にコンベックスが入っていると非常に便利です。

*参考
マキタ メジャーホルダー A-53752

第3位 タジマツール アラウンドザウエストパーツケース AW-PC

タジマツール アラウンドザウエストパーツケース AW-PC

タジマツールから販売されているコンベックスに限らず小物を入れるのに便利なケースです。

*参考
タジマツールアラウンドザウエストパーツケースAW-PC

まとめ

今回は、DIYで使ってもらう前提でコンベックスを厳選してみました。
価格などにこだわらず、できるだけ良いコンベックスを探したいというのであれば、また違ったランキングになってくるかと思います。

どのコンベックスが自分の作業に合っているか!?
どのコンベックスが自分の好みか!?
という最終的な判断は、コンベックスの価格と最低限必要な機能や性能などをトータル的に考慮して実際に使ってみるのが一番良いと思います。

今回のランキングをぜひ参考にして自分に最も適したコンベックスを見つけて楽しいDIYを続けていってください。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする