釘抜きの方法って!?DIY初心者でも簡単にできる釘の抜き方!!

こんにちは。力を抜くのは苦手でも釘を抜くことは得意な金物店店主のハマゾーです。昔から釘を打つ時に失敗ばかりしていたので、釘を抜くことだけは、ちょっと自信があります。ただし、釘を抜いている段階で釘の打ち方を失敗しているか、または打つ場所を間違えているわけですからなんの自慢にもなりませんよね。笑

さて、建築現場では当たり前に使われている釘抜きの使い方ですが、日頃から使うことがないDIY初心者の中には、釘抜きの使い方自体を知らない方が多いみたいですね。中には「仕上げ材だから釘を抜く時に傷をつけたくないんだけど!!」と言われる方もいるみたいですが、釘が刺さっている状況や材料が何を使っているか、または釘の抜き方によって傷が付くか付かないかは変わってきますが、基本的には釘を抜く時には多少なりとも傷が付いてしまうという認識の方が良いと思います。

仕上げ材の釘を抜く時に傷を付けないと考えるのではなく仕上げ材に釘を打つ時には、失敗しないことを心掛けるのが一番重要かと思います。釘抜きで釘を抜く時には「テコの原理」を使って抜くことになりますのでどうしても「支点」の部分に傷は付いてしまいます。また、釘が刺さっている周りもうまく釘を抜かないと結構な傷が付いてしまいます。

今回は、傷が付かないとまでは言えませんが、できるだけキレイに釘を抜くための釘抜きの使い方やコツをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

釘抜きの使い方

釘抜き 使い方

まず、初歩的な釘抜きの使い方ですが、釘が刺さっている釘の頭の部分、または釘が曲がってしまっている場合には、釘抜きが引っ掛かる部分に釘抜きの先を引っ掛けます。この時に釘の頭が材料にめり込んでしまっているのであればちょっと材料ごとになってでも釘の頭に引っ掛ける必要があります。

釘抜きの頭のお尻を金槌で軽く叩いてしっかりと釘の頭に釘抜きの先を引っ掛けます。しっかりと引っ掛かったらテコの原理で釘抜きをグッと倒してやると釘が抜けます。

釘抜きのコツ3つ

釘抜き コツ

・釘抜きのサイズの選び方は、「これ」といった基準はありませんが、釘のサイズに合った釘抜きを選ぶようにしてください。当たり前の話ですが、大きめの釘抜きの方が力を入れやすいのですが、小さい釘を抜く時に大きい釘抜きを使うのは現実的ではありませんので常識の範囲で釘抜きのサイズを選んでください。

・釘抜きの先が釘の頭にしっかりと掛かっていない状態で釘を抜こうとすると釘の頭が曲がってしまったり、最悪の場合には、釘の頭だけ取れてしまう恐れがあります。そうなってしまうと、釘を抜くのは相当困難になってしまいますので釘抜きはしっかりと釘の頭に掛けるようにしましょう。

・材料をできる限り傷付けたくない時には、釘抜きの先が材料に食い込まないように気をつけてください。材料に食い込んだ状態で釘を抜こうとすると材料に大きな傷が付いてしまいます。釘の頭がめり込んでしまっている場合には、多少の傷は致し方ないと割り切って釘の頭に釘抜きの先が掛かるように材料を多少削ってでも引っ掛かるようにしましょう。

あとは、何度かチャレンジしてみて「どのように釘を抜いたら材料に傷が付きにくいのか!?」を分析しながらやってみてください。大工さんや職人さんであれば早くキレイに釘を抜くことができますのでDIY初心者の方も負けないように沢山チャレンジしてみてください。

ネット上で他の会社さんが釘抜きの動画を上げていますので引用させてもらいます。参考にしてみてください。


引用元:You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=CPjp8DKr1_k&spfreload=10

*参考
【土牛産業】カラーSバール・サイズ180mm《01305》[バール・目地棒取り]

まとめ

釘抜きで釘がキレイに抜けるとちょっとした快感を覚えます。DIYでモノを作ることが目的のハズなのに釘をキレイに抜けれたという自己満足に陥ってしまいがちなので本来の目的は見失わないでくださいね。(私だけかもしれませんね 笑)釘抜きを多く使う場面は、あまり褒めた状態ではないかもしれませんが、何かをリペアしたりリフォームしたりする時にも釘を抜く作業は数多く出てきますので釘抜きに自信がない方は、是非何回もチャレンジしてみてください。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする