カッターをのこぎりのように使える刃!ロープを使ったDIYに最適なカッターとは!?

こんにちは。笑いのネタは滑ったとしてもカッターを使ってモノを切る時には滑りたくないと思う金物店店主のハマゾーです。さて、話しはDIYの話しに戻しますが、最近ではロープを使ったDIYがかなり流行っているみたいです。ロープを巻いておしゃれにしてみたり、ロープを縛ってハンガー代わりにしてみたりとバリエーションも豊富にあるみたいですね。しかし、DIYでロープを使う時にちょっとした問題がよく発生します。「ロープは何で切るんだい!?」と・・・。

ハサミなんかで切れるサイズなのであれば、そのままハサミで切れば良いと思いますが、ロープが太くなればなるほど切れなくなります。かといってカッターを使って切ろうと思ってもカッターの刃が滑って切れないことが多くあります。かといってのこぎりで切るという発想にもならないと思います。意外と適当な方法って無いものです。

そこで、今回おすすめしたいのはオルファから販売されている「ウェービーブレード」です。このオルファのウェービーブレード、使い方さえしっかりと理解していればかなりの優れもので、ある分野の方々から絶大な人気を誇っています。そこで今回は、オルファのウェービーブレードについてちょっとご紹介していきたいと思います。

*参考
【オルファ OLFA】ウェービーブレード(大) 折線なし3枚入 LBWV3K

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オルファのウェービーブレードの特長

カッター のこぎり 刃

オルファのウェービーブレードは、ロープやグラスウール、パイプカバーなど、カットする時に滑りやすい素材でもしっかりと刃に引っ掛かって切れるように開発されたカッターの替刃になります。オルファのウェービーブレードは、カッターの刃全体でカットする事になるので、従来のオルファの替刃とは使い方の目的が違います。そのため、ポキポキと折るためのスリットが入っていない1枚ものになっていて、替刃の梱包も3枚1箱になっています。

オルファのウェービーブレードの刃の形状はのこぎりのように波形研磨されています。 使い方は、従来のカッターの替刃のように刃の先端でカットするのではなく、刃全体でのこぎりのように刃に引っ掛けて切るという表現が正しくなります。波形研磨されている刃が、滑りやすい素材にもしっかりと引っ掛かって、スムーズにカットする事ができます。

前述した、ある分野の方々からオルファのウェービーブレードが絶大な人気を誇っていると言いましたが、そのある分野の方というのが陸上自衛隊の方々です。陸上自衛隊の方々は、すべての作業にスピードと丁寧さの両方を求めています。そのため、良いと思ったツールに関しては積極的に使われています。ようは作業効率を上げる事ができるツールであれば、どんどん使われるという事です。

実際、滑りやすい素材をカットする必要のある方からは、使い勝手に関しては非常に評判が良くリピート率もかなり高いです。もしも、みなさんの中でロープなど滑る素材を使ったDIYにチャレンジするような方がいるのであれば是非おすすめしたいです。ネット上でオルファのウェービーブレードを安く買えるサイトをご紹介しておきますので気になった方は、是非参考にしてみてください。

*参考
【オルファ OLFA】ウェービーブレード(大) 折線なし3枚入 LBWV3K

オルファのウェービーブレードが取り付けできるDIYで使いやすいカッターのおすすめランキングを参考にしたい方はカッターおすすめランキングトップ10!DIYで使いやすいカッターを徹底検証!!を参考にしてみてください。

まとめ

オルファのウェービーブレードは、通常のカッターとして使う作業には向いていませんが、カッターをのこぎりのように使いたいという場面では、絶大な効果を発揮してくれます。ロープを使ったDIYに限らず、滑るような素材を使ったDIYにチャレンジするさいには、作業効率を上げるために是非オルファのウェービーブレードを使ってみてください。

The following two tabs change content below.
ハマゾー
年齢 30代   家族構成 嫁 子ども(男子2人)   趣味 サッカー観戦   5年間、金物と建材に関しての修行期間を経て、現在は親の跡を継ぎ金物店の店主として日々勉強させて頂いております。   近年、DIYをされる方が増えてきていますが、工具に関しての知識が少ない方も数多くいらっしゃるようなので、このサイトではDIY初心者の方に作業効率の上がる便利なDIY工具を紹介していきたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする